松前重義賞授与式:2007年度と2008年度を比較する

2009年2月2日(僕の誕生日)に「2008年度松前重義賞」の授与式に参列してきた.
実は,去年(2008年2月1日)も「2007年度松前重義賞」の授与式に参列したので,2年間の授与式を主に副賞について比較してみようと思う.

松前重義賞とは

まず,松前重義賞の目的を資料より引用すると,

学校法人東海大学は建学の精神に基づき、文化・スポーツ・学術研究の分野において顕著な成績(業績)を収めた者に対し学校法人東海大学松前重義賞を授与してこれを表彰する。

とある.ちなみに僕は,研究活動における業績を評価されたことが受賞につながっているので,学術研究の分野にて選ばれたことになる.

僕が受賞した賞は

  • 2007年度
  • 2008年度

である.

賞状と副賞の紹介(2007年度)

松前重義賞を受賞すると,賞状と副賞が授与される.
以下の写真が2007年度の賞状.額から出すのが面倒だったので,そのままデジカメでパシャリ.高級感漂う賞状で.


そして以下の写真が2007年度の副賞.まさかの文鎮.このご時世に文鎮.しかもTOKAIロゴ入り.さらに2個入り(ダブル文鎮).せっかくの副賞なので活用しようと思い立ち,頂いた翌日に文鎮生活を試みるも,必要性が感じられず,引き出しに綺麗に保管されることとなった.

賞状と副賞の紹介(2008年度)

以下の写真が2008年度の賞状.相変わらず高級感漂う賞状で.今回は額に入れる前にスキャナで取り込んで見た.


そして以下の写真が2008年度の副賞.文鎮の次は墨汁か?半紙か?などと勝手に噂された期待を大きく裏切る実用性のあるアイテム,タンブラー.しかもTOKAIロゴ入りの「thermo mug(サーモマグ)」.これはナイスチョイス!タンブラーとはいえ,サーモマグは蓋が取れやすく持ち運びには不向きなので,毎日自宅でコーヒーを保温しながら愛用してる.なんとなくやる気が高まって勉強がはかどるぜー

まとめ

去年の文鎮が不評だったのかはわからないけど,今年のタンブラーは僕としては実用性のある嬉しい副賞だった.
まー,文化部門の受賞者だけで言えば非常に少ないが,スポーツ部門の受賞者はもうかなりの人数になるので,その全員に授与することを考えたら膨大なコストだな・・・なんて思っちゃったりもする.そんなことで,2年連続で松前重義賞を受賞させて頂きまして,ありがとうございました!