Memory AnalyzerにDTFJを組み込む

eclipse.orgで公開されているMemory Analyzer (MAT)でヒープダンプを解析することができるが,そのままでは"IBM Java heap dump (.phd)"が解析対象にならないため,IBM Diagnostic Tool Framework for Java (DTFJ)を組み込む必要がある.解析方法は別の機会に取り上げるとして,ここではDTFJの組み込み手順を残しておく.

組み込み手順

Memory AnalyzerのメニューバーからHelp→Install New Software...を選択し,Addを押す.

適当な名称とダウンロードした"dtfj-updatesite.zip"のパスを指定する.

Nextを押す.

Nextを押す.

I accept the terms of the license greementを選択する.

OKを押す.

Restart NowでMemory Analyzerを再起動する.