Ruby Association Certified Ruby Programmer Silver に合格した

気付いたらもう2013年も終わりだっていうのに,今年はまだ資格を1つも受けてないことに気付いたので,最近 Vagrant+Chef+Capistrano あたりで使い始めた Ruby の認定資格の Ruby技術者認定試験 Silver (Ruby Association Certified Ruby Programmer Silver)を取得してみた. 自己採点では 88点(44/50) だったのに,結果を見たら 82点(41/50) だった.自分で正しいと思ってるのに間違ってる問題が3問もあるなんて…汗

勉強時間

受験しようと思い立ったその日に申し込んだ.年末って企業の補助制度の関係みたいなものもあってかなり駆け込み受験が多いので,席が取りにくくなることが多いけど,奇跡的に翌週の席が取れて良かった.平日は勉強しようと思いつつ,仕事に追われて全然できなくて,関連エントリーを読んだ程度だった.結果的に土日に集中して勉強した.

  • 2013/12/15(日) : 受験申込
  • 2013/12/21(土) : 6時間
  • 2013/12/22(日) : 4時間
  • 2013/12/22(日) : 受験日

勉強方法

勉強方法は他の資格と同じで,基本的に問題集を解くことを中心に進めた.いきなり問題集を解いてみて,間違えた場合や疑問に感じる場合は教科書を調べて理解する.そのときに教科書の前後ページまで少し幅広く目を通すことが重要で,そうすることで理解度がだんだん広がっていくメリットがある.まぁ時間に余裕があれば教科書を全ページ読んでから問題集に進むこともできるけど,短期間でギュッと詰め込むことが多いので,問題集ベースの方が圧倒的にスピード感があって効果が出やすいと思う.

また他のエントリーでも言われてる通り,気になったら irb で叩いてみたり,実際に sample.rb みたいなもので良いので書いて動かしてみることは必須.資格を取ることが目的なのであればまだしも,実際にはボトムアップに知識を増やしながらコードが書けるようになることが目的なはずなので,そこを見失わないように.

教科書

現時点で選択肢はないので,公式資格教科書を買った.この教科書をリファレンスとして使うので,ウェブで調べた情報や,自分用の補足や間違えそうなポイントがあったらどんどんマークしたり,書き込んだりする.付箋もガンガン貼る.あと読み始める前にできれば 正誤表を書き込んでおいた方が良さそう.何かもう誤り多過ぎてちゃんと出版してくれよって感じ.コードの誤りとかテストしてないから気付かないんだと思うし.ちなみに他にもRuby技術者認定試験公式ガイドっていうのがあるみたいだけどもう絶版になってる.

Ruby公式資格教科書 Ruby技術者認定試験 Silver/Gold対応 (EXPERT EXPASS)

Ruby公式資格教科書 Ruby技術者認定試験 Silver/Gold対応 (EXPERT EXPASS)

  • 作者: 増井雄一郎,小川伸一郎,(株)日立ソリューションズ藁谷修一,川尻剛,牧俊男,Rubyアソシエーション,CTCテクノロジー(株)監修
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2012/02/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 5人 クリック: 204回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る

問題集

問題集は以下の問題を繰り返し解いて,全問正解できるまでやり続けた.これだけやれば,教科書の方も概ね目を通せる.問題によっては,Silver/Gold の出題範囲として微妙なラインのものもあるけど,そういう場合は気にせず調べる.少なくとも自分は来年に Gold も受けようと思ってるので,時期は違えどいつか勉強することになるってことで.あと ITpro EXPO検定っていうのもあるけど,1回しか解けないという謎の仕様があってあまりにもヒドすぎるので,もしやるのであれば,最後の確認の意味でやってみると良いかも.

整理しておいた方が良さそうなところ

他のエントリーでも言われてるけど,組込みライブラリの理解と破壊的メソッドの理解が最重要だと思う.複数のメソッドが同じ挙動をするものがあるので,それをセットで覚えるのも重要.まさにこのエントリーに載ってるところなど.

関連エントリー

まとめ

これで資格29個目Get!次はGold!