Titanium でシンプルにログを出力する方法

今日,Titanium をいじってみて,いろいろと調べたので,少しずつまとめておく. Titanium でコンソールにログを出力する方法は大きく2種類で,エラーレベルごとの Ti.API メソッドと,共通ロガーとしての Ti.API メソッドがある.詳しくは以下のドキュメントに書いてある.

Titanium 3.X - Appcelerator Docs - Titanium.Proxy > Titanium.Module > Titanium.API

エラーレベルごとのメソッドを使う場合

Ti.API.info("Ti.API.info");
Ti.API.warn("Ti.API.warn");
Ti.API.error("Ti.API.error");
Ti.API.debug("Ti.API.debug");
Ti.API.trace("Ti.API.trace");

共通ロガーのメソッドを使う場合

Ti.API.log("INFO", "Ti.API.info");
Ti.API.log("WARN", "Ti.API.warn");
Ti.API.log("ERROR", "Ti.API.error");
Ti.API.log("DEBUG", "Ti.API.debug");
Ti.API.log("TRACE", "Ti.API.trace");

どちらの場合でも同じログが出力される

[INFO] :   Ti.API.info
[WARN] :   Ti.API.warn
[ERROR] :  Ti.API.error
[DEBUG] :  Ti.API.debug
[TRACE] :  Ti.API.trace

出力される順番には何かルールがある?

以下のコードを流してみたところ,順番通りにはならなかった.何か出力のプライオリティみたいなものがある?

Ti.API.info("1");
Ti.API.warn("2");
Ti.API.error("3");
Ti.API.debug("4");
Ti.API.trace("5");
Ti.API.log("INFO", "6");
Ti.API.log("WARN", "7");
Ti.API.log("ERROR", "8");
Ti.API.log("DEBUG", "9");
Ti.API.log("TRACE", "10");

あまり傾向みたいなものは見えないけど,DEBUG は出力に少しタイムラグがある感じ?

[INFO] :   1
[ERROR] :  3
[WARN] :   2
[TRACE] :  5
[INFO] :   6
[WARN] :   7
[TRACE] :  10
[DEBUG] :  4
[ERROR] :  8
[DEBUG] :  9

APPプロジェクトのデフォルト設定

APPプロジェクトのデフォルト設定は INFO までとなってるので,もし DEBUG と TRACE を出力したい場合は,設定を変える必要がある.

プロジェクトで右クリック → Run As → Run Configurations → Log Level を変更する

関連エントリー

Titanium Mobileでのコンソールにログ出力する方法