GCViewer で NumberFormatException が出る

GCログを見るのに GCViewer が良さそうだったので,ダウンロードページから gcviewer-1.29 をダウンロードして,GCログを読み込ませたら,こんなエラーが出てダメだった.ちなみに JVM のパラメータに -XX:+PrintGCDateStamps を入れた場合に対応していないようで NumberFormatException が出てるらしー.

警告 [DataReaderSun1_5_0]: java.lang.NumberFormatException: For input string: "2014-05-23T09" while parsing line: 2014-05-23T09:35:57.849+0000: 1.254: [GC [PSYoungGen: 29888K->4905K(34816K)] 29888K->6158K(114368K), 0.0264320 secs] [Times: user=0.01 sys=0.01, real=0.03 secs] 
java.lang.NumberFormatException: For input string: "2014-05-23T09"
    at sun.misc.FloatingDecimal.readJavaFormatString(FloatingDecimal.java:1241)

いろいろ調べてみたところ,GCViewer の開発は chewiebug/GCViewer · GitHub に引き継がれてメンテナンスが続けられているみたいで,Changelog · chewiebug/GCViewer Wiki · GitHub で最新バージョンをダウンロードすることができる.現時点だと,このあたりが最新.

  • GCViewer 1.34-SNAPSHOT
  • GCViewer 1.33

ちなみに GCViewer 1.31-RC1option -XX:+PrintGCDateStamps is supported となってるので,今回 NumberFormatException が出た問題はこのバージョン以降ならどれでも解決してるはず.

あと,もう1個問題があって,ダウンロードページで download mac version って書いてあったのでそこからダウンロードしたアプリケーションだとどうも起動できなかった.なので,通常の gcviewer-1.34-SNAPSHOT.jar をダウンロードして実行することができた.別に GitHub を clone して自分でビルドする必要はないと思うので,Mac でも通常バージョンをダウンロードすれば良いかと.

関連エントリー

トラブルに備えるJVMオプション - 見習いプログラミング日記
まじめにJVMチューニング: 第3回 方針をたててパラメータをいじってみる
今まで知らなかった 5 つの事項: JVM のためのコマンドライン・フラグ
Memory Analyzer - kakakakakku blog