kakakakakku blog

Weekly Tech Blog : Keep on Learning 👍

Mac と VS Code で TeX 環境を構築した

久し振りに TeX を使う必要があったので,Mac に TeX 環境を構築してみた.今までは Windows で TeX を書いていて(学術論文など),環境構築が大変な印象しかなかったけど,今回 Mac に簡単に構築することができた.ちなみに Windows のときは EmEditor + M's TeX Helper + Ghostscript な環境で TeX を書いていた(懐かしすぎる...!).

インストール手順書

まず,Ghostscript をインストールする.全て brew 経由でインストールできてしまう.

$ brew install ghostscript

次に MacTeX 2017 をインストールする.自動的に選ばれたミラーサイトだとダウンロードが異常に遅くて,curl がタイムアウトになったけど,再実行したらすぐに動いた.

$ brew cask install mactex

最後に TeX Live をアップデートした.

$ sudo tlmgr update --self --all

非常に簡単!

TeX 対応エディタ

MacTeX にデフォルトで同梱されている TeXShop というエディタでは,TeX を書くモチベーションが湧いてこなかったので,慣れたエディタで書きたいなと思って調べてみたら,驚くほどたくさんあった.おおお!

IntelliJ

github.com

VS Code

github.com

Atom

github.com

VS Code で TeX を書く

今回は,普段から使っている VS Code にした.まず LaTeX Workshop をインストールした.

f:id:kakku22:20171026211350p:plain

次に VS Code の「ユーザー設定」に以下の JSON を追記した.TeX の構文チェックを有効化しているのと,日本語対応のために ptex2pdf で PDF を生成するようにしている.

{
    (中略)
    "latex-workshop.chktex.enabled": true,    
    "latex-workshop.latex.toolchain": [
        {
            "command": "ptex2pdf",
            "args": [
                "-l",
                "-ot",
                "-kanji=utf8 -synctex=1",
                "%DOC%"
            ]
        }
    ],
    (中略)
}

ファイルを保存すると自動的に PDF に変換される.便利!

f:id:kakku22:20171026211532p:plain

サンプル PDF も問題なく変換できた!

f:id:kakku22:20171026211622p:plain

まとめ

  • Mac に TeX 環境を構築できた(簡単に!)
  • エディタは TeXShop ではなく VS Code などを使うと良さそう
  • もっと LaTeX Workshop を使ってみて便利機能などを探してみようと思う

関連記事

非常に参考になりました!