kakakakakku blog

Weekly Tech Blog : Keep on Learning 👍

便利すぎる!Mac のメニューバーでサウンド設定を変更するときは「Option キー」を使う

最近「リモート会議」「リモート研修」も多く,オーディオインタフェース(入出力)をよく切り替えている.今回は Mac で簡単にオーディオインタフェースを切り替える Tips を紹介する.なんと「Option キー」を使うだけ!

サウンドアイコンをメニューバーに追加する

まず,基本的な設定として,サウンドアイコンを Mac のメニューバーに追加する.「システム環境設定」「サウンド」と開き,1番下にある「メニューバーに音量を表示」を有効化する.

f:id:kakku22:20200508170302p:plain

すると,メニューバーにサウンドアイコンが表示される.

f:id:kakku22:20200508230934p:plain

クリックするとデフォルトは「内蔵スピーカー」しかなく,以下のような表示になる.

f:id:kakku22:20200508170314p:plain

例えば「AirPods Pro」を使って出力する場合は,以下のような表示になり,サウンドアイコンから直接「AirPods Pro」に切り替えられる.

f:id:kakku22:20200508170328p:plain

Option キー + サウンドアイコン

しかし,サウンドアイコンをクリックしても「出力装置」しか切り替えられず,マイクを使って話すなど「入力装置」を切り替える場合は,サウンドアイコンから「サウンド環境設定」をクリックして,切り替える必要がある.正直言って,面倒だった.

f:id:kakku22:20200508170338p:plain

そこで「Option キーを押しながらサウンドアイコンをクリック」すると,なんと「入力装置」も切り替えられるようになる!これは便利!以下は出力を「内蔵スピーカー」に切り替えて,入力を「Yeti」に切り替えた.

f:id:kakku22:20200508170351p:plain

まとめ

Mac で「Option キーを押しながらサウンドアイコンをクリック」すれば「出力装置」「入力装置」を簡単に切り替えられる!便利!

リモート環境 関連

デジタルホワイトボード環境を作るなら以下の記事も参考になるはず!

kakakakakku.hatenablog.com