読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

go-blink1 で blink(1) を点滅させる

Go デバイス

結構苦労したけど Go で blink(1) を操作できるようになったー!!!

f:id:kakku22:20151210005002j:plain

blink(1)

blink(1) は今年の夏頃に買った光る USB デバイスで,RSpec と組み合わせたり,CI の XFD として連携したり,自由に遊べる.今まで Ruby で操作していて,LT タイマー Gem を実装してみたりしたけど,Go でも操作してみたいなと思ってた.

go-blink1 で操作できた

GoBlink がダメな件は最後に書くとして,現在 Go から blink(1) を操作するなら go-blink1 を使うのが良さそう.ただこの go-blink1 も公開されたのが2日前で,待望の!って感じだった.

コード

以下の概念を意識しておけば問題ないと思う.ちなみに StatePattern として使わず,単体で SetState() して点灯させることもできる.

  • State type
    • ステート(状態)を定義する
    • RGB
    • フェード時間
    • 点灯時間
  • Pattern type
    • 複数State type からなる点滅パターンを定義する
    • リピート回数
    • リピート遅延時間
    • ステート配列
    • RunPattern() でパターンを点滅させる

blink1.OffState に関しては go-blink1 自体に定義されている State で消灯を表している.

var OffState = State{Duration: time.Duration(10) * time.Millisecond}

ザッと書いてみた!

「赤→緑→青→オレンジ→紫」というパターンで計2セット点滅している.

package main

import (
    "github.com/hink/go-blink1"
    "time"
)

func main() {

    blink, err := blink1.OpenNextDevice()
    if err != nil {
        panic(err)
    }

    // 赤ステート
    redState := blink1.State{
        Red:      255,
        Green:    0,
        Blue:     0,
        Normal:   0,
        FadeTime: 2 * time.Second,
        Duration: 2 * time.Second,
    }

    // 緑ステート
    greenState := blink1.State{
        Red:      0,
        Green:    255,
        Blue:     0,
        Normal:   0,
        FadeTime: 2 * time.Second,
        Duration: 2 * time.Second,
    }

    // 青ステート
    blueState := blink1.State{
        Red:      0,
        Green:    0,
        Blue:     255,
        Normal:   0,
        FadeTime: 2 * time.Second,
        Duration: 2 * time.Second,
    }

    // オレンジステート
    orangeState := blink1.State{
        Red:      243,
        Green:    152,
        Blue:     0,
        Normal:   0,
        FadeTime: 2 * time.Second,
        Duration: 2 * time.Second,
    }

    // 紫ステート
    purpleState := blink1.State{
        Red:      167,
        Green:    87,
        Blue:     168,
        Normal:   0,
        FadeTime: 2 * time.Second,
        Duration: 2 * time.Second,
    }

    // 各ステートを連続で光らせる
    // ステートごとに消灯するために `OffState` を設定している
    pattern := &blink1.Pattern{
        Repeat:      1,
        RepeatDelay: 0,
        States: []blink1.State{
            redState,
            blink1.OffState,
            greenState,
            blink1.OffState,
            blueState,
            blink1.OffState,
            orangeState,
            blink1.OffState,
            purpleState,
            blink1.OffState,
        },
    }

    err = blink.RunPattern(pattern)
    if err != nil {
        panic(err)
    }
    blink.Close()

}

GoBlink

先週の段階だと go-blink1 が公開されていなかったので,当然ながら公式ライブラリの GoBlink を試すことになるんだけど,go build すら通らなくて意味不明だった.今は README が更新されていて,今後は go-blink1 でサポートしていくと書いてあった.

The original GoBlink library is a few years old now and doesn't support as many blink(1) features. The new go-blink1 library is go-gettable and is more actively supported.

ちなみに go build すると以下のエラーが出た.

./hid.go:64: cannot use bl.dev (type *C.struct_usbDevice_t) as type *C.struct_usbDevice in argument to setRGB
./hid.go:68: cannot use bl.dev (type *C.struct_usbDevice_t) as type *C.struct_usbDevice in argument to setRGBN
./hid.go:85: cannot use b.dev (type *C.struct_usbDevice_t) as type *C.struct_usbDevice in argument to _Cfunc_usbhidCloseDevice
./hid.go:91: cannot use dev (type *C.struct_usbDevice_t) as type *C.struct_usbDevice in argument to fadeToRgbBlink1
./hid.go:105: cannot use dev (type *C.struct_usbDevice_t) as type *C.struct_usbDevice in argument to setRGB
./hid.go:123: cannot use dev (type **C.struct_usbDevice_t) as type **C.struct_usbDevice in argument to _Cfunc_usbhidOpenDevice

続く

Go + blink(1) で遊ぶぞ!!!

関連エントリー