Firebase Authentication で「メール認証」と「Google 認証」を実装できる無料コース「Vue.js + Firebase Authentication」を受講した

2週間前に Vue School が公開している無料コース「Vue.js + Firebase Realtime Database」を受講して,まとめ記事を書いたけど,先週に新しく無料コース「Vue.js + Firebase Authentication」が公開されたので,さっそく受講してみた.一番最後に Firebase R…

プロダクションレディなマイクロサービスを実装するための標準化を学べる「プロダクションレディマイクロサービス」を読んだ

オライリーから出版されている「プロダクションレディマイクロサービス」を読んだ.「プロダクションレディ」という秀逸なタイトルに惹かれただけじゃなく,章ごとのテーマも非常に惹かれる内容になっていた.仕事でアーキテクチャを考えたり,アーキテクチ…

シェルスクリプトのテストフレームワーク Bats を試してみた

シェルスクリプトのテストフレームワーク Bats を試してみた. github.com たまにコントリビュートをしている Amazon ECS (Elastic Container Service) のデプロイツール ecs-deploy のテストコードで Bats が使われているので,少し書いたことがあり,もっ…

最新バージョン Redash v4 に対応した「Redash ハンズオン資料」を作った

正式に Redash v4 がリリースされた Redash v4 とは? 正確に言うと,4月16日に v4.0.0 がリリースされて,5月2日に v4.0.1 がリリースされた.なお v4.0.1 は「アップグレード推奨」となっている.そして Redash v4 で改善/変更されたポイントは Redash …

Vue School の無料コース「Vue.js + Firebase Realtime Database」を受講してチャットアプリケーションを実装した

今まで使う機会がなかった Firebase Realtime Database を学びたかったので(今後は Cloud Firestore 中心になりそうだけど),Vue School が公開している無料コース「Vue.js + Firebase Realtime Database」を受講して,Vue.js と Firebase Realtime Databa…

CircleCI 2.0 + Apex で Lambda をデプロイする

Lambda をデプロイする場合,最近だと Serverless Framework もしくは AWS Serverless Application Model を使う場面が多いけど,他の AWS サービスに依存せず Lambda だけをデプロイしたい場合には Apex も積極的に使っている.要件がシンプルな場合に特に…

Speaker Deck で最高の URL を生成する技術

Speaker Deck の仕様 Speaker Deck に発表資料を公開するとき「タイトルから URL が生成される仕組み」になっている.タイトルが全て英語なら問題はないけど,タイトルに日本語が含まれる場合は「中国語のようなローマ字」になってしまうという裏仕様があり…

Akamai と Fastly の事例を聞くために「CDN Study」に参加した

参加してからもう3週間も過ぎてしまったけど,4月に参加した「CDN Study」の感想をまとめておこうと思う. http2study.connpass.com オープニング 最適化の原則 なるべく近く なるべく少なく なるべく小さく CDN の存在感と世界観がどんどん広がっている spe…

Google Analytics / Google Tag Manager 初学者にピッタリな「わかばちゃんと学ぶ Google アナリティクス」を読んだ

3月末に発売された「わかばちゃんと学ぶ Google アナリティクス」を読んだ.著者の湊川さん,献本ありがとうございます! わかばちゃんと学ぶ Googleアナリティクス〈アクセス解析・Webマーケティング入門〉作者: 湊川あい出版社/メーカー: シーアンドアール…

プロジェクトをリードする技術

今日,社内勉強会で話す機会があり,過去1年間を振り返りつつ「プロジェクトをリードする技術」というタイトルにした.今回は参加者がエンジニアだけじゃなく,ビジネスチームのメンバーもいたため,できる限り,技術的な用語を使わないようにした.質疑応答…

「Japan Container Days v18.04」に参加して1日中コンテナのことを考えていた

今日は「Japan Container Days v18.04」に参加してきた.正直「Container Days」と言うよりも「Kubernetes Days」って感じだったけど,1日ずっとコンテナのことばかりを考えていた.発表テーマも多岐にわたっていて,バランスが非常に良かったと思う.僕が参…

ElastiCache for Redis でシングルコアに対応したメトリクス EngineCPUUtilization が追加された

今月発表された ElastiCache for Redis のリリースで,新 CloudWatch メトリクス EngineCPUUtilization が追加された. Amazon ElastiCache for Redis は、Redis のワークロードへのより良い可視性を達成するために新しい CPU 使用状況メトリックスを導入し…

Amazon Elasticsearch Service で「アクセスポリシー」を即時反映できるようになっていた

Amazon ES (Amazon Elasticsearch Service) で,例えば「アクセス許可 IP」を追加するなど「アクセスポリシー」を変更する場合,クラスタも再構築されてしまうため,待ち時間が長時間化したり,場合によっては再構築がエラーになって,クラスタが死んでしま…

AWS で Kubernetes クラスタを構築して学ぶワークショップ「aws-workshop-for-kubernetes」

Kubernetes を学ぶため,AWS から公式に公開されているワークショップ資料「aws-workshop-for-kubernetes」を試した.Kubernetes を学ぶためのコンテンツが網羅的にあるため,今回はワークショップの紹介と,実際に試した一部のコンテンツをまとめたいと思う…

Lambda / Kinesis / DynamoDB / X-Ray などを組み合わせた実装を学べる「サーバーレスアプリケーション開発ガイド」を読んだ

今月発売されたばかりの「サーバーレスアプリケーション開発ガイド」を読んだので,書評をまとめたいと思う.著者の西谷さん,献本ありがとうございます! Amazon Web Servicesを使ったサーバーレスアプリケーション開発ガイド作者: 西谷圭介出版社/メーカー…

CircleCI 2.0 の「ワークフロー機能」を学べる公式デモ用リポジトリ circleci-demo-workflows

前回の記事に続き,CircleCI 2.0 の調査をしている.今回は CircleCI から公式に提供されている「ワークフローデモ用リポジトリ」を活用して,CircleCI 2.0 の新機能である「ワークフロー機能」の仕組みと,設定ファイルのポイントを学んだ.「ワークフロー…

CircleCI 1.0 → 2.0 に設定ファイルをマイグレーションするために「config-translation API」を試した

2月末にアナウンスがあり,CircleCI 1.0 のサポートが終了することになった.時期は今年の8月末で,それまでにマイグレーションをする必要がある.単純にマイグレーションをするだけではなく,せっかくなら CircleCI 2.0 の新機能も積極的に活用したいと思っ…

chef-cookbooks/git を使って Git 2.x をインストールする

CentOS(例えば 6.9 など)で yum から Git をインストールすると,普通に Git 1.x になってしまうので,Chef 公式クックブックを使って Git 2.x をインストールできるようにした.基本的には GitHub を見ればわかるけど,自分用にメモを残しておく. $ git …

時系列データベース InfluxDB の基本操作と Grafana 連携を試した

InfluxDB とは? InfluxDB とは OSS で開発されている時系列データベースで,メトリクス/イベントなど,時系列データを扱うのに特化している.現在も活発に開発が進んでいて,先週に最新バージョンとなる InfluxDB 1.5.0 もリリースされている.CLI で操作…

どんな現場でもカイゼンできると勇気をもらえた /「カイゼン・ジャーニー」を読んだ

気になっていた「カイゼン・ジャーニー」を読んだ.どんな状況でも現場のカイゼンに挑戦したことがある人なら,誰しも自分自身に投影して「そうだそうだ!」と頷けるような内容だった.現場をカイゼンしたいけど難しいと悩む人がメインの読書層かもしれない…

Code School の講義「Assembling Sass」で Sass に入門した

今まで使う機会がなくて未経験だった Sass に入門した.今さら Sass って言われる気もするけど,最近担当しているプロジェクトでフロントエンド技術の理解が必要になり,幅広く学ぶことにした.最近 Vue.js を学んでいるのも同じ理由だったりする.Sass を学…

受付を担当した「Redash Meetup #1」開催レポート

レポート記事を書くのが少し遅くなってしまったけど,今週火曜に id:ariarijp と一緒に「Redash Meetup #1」を開催した redash-meetup.connpass.com 「Redash Meetup #1」と言っても「Redash Meetup コミュニティ」としては3回目の開催で,過去2回はハンズオ…

Vue.js の基礎を学ぶために LearnCode.academy の学習動画を活用したら最高だった

LearnCode.academy とは? www.youtube.com LearnCode.academy という YouTube チャンネルがあり,Vue.js や React + Redux などを解説した,無料の学習動画が公開されている.今回受講したのは「Vue Tutorial」で,全9回となっている.合計しても「約1時間…

多くの NoSQL に対応したベンチマークツール YCSB を試した

YCSB とは? YCSB (Yahoo! Cloud System Benchmark) は,NoSQL / KVS に特化したベンチマークツールで,とにかく多くのデータストア(計40種類程度)をサポートしている.例えば以下など.最近 Memcached のベンチマーク目的で使うことがあったため,まとめ…

Mackerel Meetup #11 で「ECS モニタリング」の事例紹介をしてきた

Mackerel Meetup #11 に参加して,コンテナ関連の事例紹介をしてきた.参加レポートを書く!(全ての資料が公開されたら追記する予定) mackerelio.connpass.com The 2018 Mackerel Product Roadmap 最近リリースしたオススメ機能 アクション支援 プラグイン…

「Redash Meetup #0.1」を開催してハンズオン講師を担当した

昨日は id:ariarijp と「Redash Meetup #0.1」を開催して,今回もハンズオン講師を担当した.今回の開催は去年12月に実施した「Redash Meetup #0」の再演という形で,ハンズオンは「#0 → #0.1 → #0.2」とバージョニングをしていく.次回は再演ではなく,ハン…

Redash には2種類の API Key が存在する

社内で Redash の話をしていて「API key はクエリ単位に存在する」という仕様があまり知られていなかったので,まとめておこうと思う. API Key の種類 Redash には2種類の API Key が存在する.恐らく Query API Key の存在を知らない人が多いのではないか…

簡単に IP アドレスの計算ができる sipcalc コマンド

例えば VPC 設計をするときなど,IP アドレスとサブネットの計算をしたり,ネットワークアドレスを確認したくなる場面がたまーにある.便利なサイトも多くあるけど,コマンドですぐ確認できると便利で,僕は sipcalc コマンドを使っている(ipcalc コマンド…

ElastiCache Redis 3.2.10 で使える「オンラインリサイズ機能」を試した

最近 ElastiCache Redis の検証をしていて,最近の新機能をキャッチアップできていなかったので「オンラインリサイズ機能」を試してみた. 用語 まず ElastiCache Redis の資料を読んでいると,管理コンソールと API で用語が異なっていてとにかく混乱するの…

ECS コンテナインスタンスをモニタリングするときは mackerel-agent v0.49.0 以上にすると良さそう

例えば ECS コンテナインスタンスなど,Docker ホストとして使っているインスタンスを Mackerel でモニタリングする場合,以下のように disk と interface と filesystem のメトリクスが非常に多くなってしまう.Mackerel では,メトリクス数が 200 を超える…