kakakakakku blog

Weekly Tech Blog : Keep on Learning 👍

本当の「学び」を創り出す /「教育研修ファシリテーター」を読んだ

「教育研修ファシリテーター」を読んだ.どのように学びのある教育研修を創り出すのか?という講師のためのノウハウ本ではあるけど,サブタイトルに「組織・人材開発を促進する」と書いてある通り,チームビルディングをしたり,メンバーに何かを伝える場面…

Vuex でショッピングカートを実装できる無料コース「Vuex for Everyone」を受講した

Vue School の無料コース「Vuex for Everyone」を受講した.Vue.js 初心者でも受講できるレベルになっているし,今まで Vue.js を書いたことはあるけど,Vuex はまだ使ったことがないという人にもオススメできる.進め方にもよるけど,写経するとしても2,3時…

コピペのためのコマンドラインツール clipboard を試した

Mac / Windows / Linux など,クロスプラットフォームで,コピペができるツールを探していて,Go で書かれた clipboard を試した.clipboard をインストールすると gocopy コマンドと gopaste コマンドが使えるようになる. github.com Mac / Linux サンプル…

ドットインストールで「textlint 入門」を受講した

textlint はドキュメント用の Lint ツールで,日本語にも対応しているので,簡単に文法や typo などを検出できる. textlint.github.io ドットインストールのレッスン一覧を眺めていたら textlint のレッスンがあり,気になったので,受講してみた. https:/…

CircleCI の Auto-cancel redundant builds が Workflows にも対応した

CircleCI には便利な Auto-cancel redundant builds があり,有効にしておくと,同じブランチに対して複数回ビルドがトリガーされた場合に,自動的に過去のビルドがキャンセルされる.繰り返し git push をして,さらに CI 時間が長いような場合には,無駄な…

小さすぎて失敗すらできないステップを毎日繰り返そう /「小さな習慣」を読んだ

「アウトプットを習慣化する」というスローガンを掲げて,これまで5年間以上,継続をしてきた.自分のノウハウを共有するために,イベントで「アウトプット」をテーマに登壇したこともある. kakakakakku.hatenablog.com kakakakakku.hatenablog.com また,…

GitHub の README.md をバッジでオシャレにできる Shields.io と dockeri.co

最近 GitHub リポジトリに「バッジ」を設定するため「Shields.io」というサービスを使った.README.md をオシャレにできて,とても便利だったので紹介しようと思う.ただ数年前からあったサービスらしく,今まで使ったことがなかった! shields.io バッジの…

CircleCI + misspell で typo の検出を CI する

「misspell」は,Go で実装された typo 検出ライブラリで,手軽に実行できるので,英語のドキュメントに対してよく使っている.例えば,以下のようにワンライナーで "World" の typo を検知することができる. $ echo 'Hello Worls!' | misspell stdin:1:6: …

ローカル環境で使うオレオレ認証局とオレオレ証明書を簡単に作れる mkcert を試した

ローカル環境で使うオレオレ証明書を簡単に「保護された通信」に切り替えることができるコマンドラインツール「mkcert」を試した.先月に GitHub Trending に入っていて知ったのと,自分のローカル環境でオレオレ証明書を使っているときに,Chrome で警告が…

たった 19.9MB!mkr の公式 Docker イメージが公開された

今月のアップデートで,Mackerel コマンドラインツール mkr の公式 Docker イメージが公開された. mackerel.io mkr monitors { pull / diff / push } 2年前に記事を書いているけど,CircleCI と mkr を組み合わせて Infrastructure as Code にした Mackerel…

各社の Redash 運用 Tips を知れた「Redash Meetup 3.0.0」だった

参加してから1週間たってしまったけど「Redash Meetup 3.0.0」のレポートを書く.Redash Meetup のコミュニティ立ち上げを手伝わせてもらったのが去年12月で,早くも6回目のイベント開催を実現できているし,参加者もどんどん増えているし,ああ,大きくなっ…

プロジェクトの成功を支える ZenHub と モブプログラミング

今日は「ランサーズ開発ランチ」で登壇をしてきた.依頼を受けたテーマは「プロジェクトリード」だったけど,最近登壇しているものを再演しても,既視感があるかなと思って,今回はあえて「ZenHub」と「モブプログラミング」を詳細に深掘るテーマにした.質…

楽しく!アウトプットを習慣化しよう

今日は大阪出張で「DevLOVE 関西」のイベントに参加予定だったけど,豪雨の影響でイベントが中止になってしまった.今回イベントに誘って頂いた @yohhatu さん,本当にありがとうございました! devlove-kansai.doorkeeper.jp 発表する予定だった資料 せっか…

CodeDeploy のデプロイ実行とデプロイ完了待機を AWS CLI で試した

CodeDeploy のデプロイ実行を AWS CLI で試した.今回は GitHub からコードを取得する前提にしている. コミットハッシュを取得する CodeDeploy で GitHub からコードを取得する場合,対象となるコミットハッシュが必要になる.そこで,GitHub API から指定…

モブプログラミングに特化したタイマーアプリ「Mobster」

モブプログラミングをするときに,モブセッションの時間を意識することが重要で,事前に準備しておく MDE (Mob Development Environment) の中にも「Timer」が含まれている.シンプルにスマホのタイマーアプリを使っているチームも多い気がする. kakakakakk…

モブプログラミングの基礎を学べる洋書「Getting Started with Mob Programming」を読んだ

今年3月頃から,チームにモブプログラミングを導入している.「スウォーミング(共同作業)」と「フロー効率(着手している作業を最速で終わらせること)」を文化に根付かせることと,技術的な強さを伝播させる狙いで導入して,今のところ多くのメリットを感…

CodeDeploy エージェントのログに Missing credentials と出たら codedeploy-agent を再起動する

最近 CodeDeploy の検証をしていて,codedeploy-agent のエラーログに少しハマったので,メモ程度に残しておく. aws.amazon.com Amazon Linux に codedeploy-agent をインストールする 公式ドキュメントに書いてある手順で,問題なくインストールできた. $…

暫定対応 : はてなブログに Speaker Deck のスライドを埋め込むとデザインが崩れる件

今月,Speaker Deck の運営会社が GitHub から Fewer and Faster LLC に変更になり,同時にデザインも大幅にリニューアルされた.それに伴って,はてなブログに Speaker Deck のスライドを埋め込むとデザインが崩れる場合がある.具体的に言うと,幅の設定が…

さぁ!今すぐプロジェクトリーダーに立候補しよう

昨日,ヒカリエで開催された勉強会「F.O.X Meetup」に参加して,発表をしてきた.勉強会のテーマが「スタートアップのチームビルド」だったため,今回は「さぁ!今すぐプロジェクトリーダーに立候補しよう」というタイトルにした.発表資料の公開と合わせて…

tar の --strip-components と -C オプションを使ってスマートに展開する

GitHub の Releases から tar.gz をダウンロードする場合,普通に展開すると,以下のようにバージョンを含んだディレクトリになる.なお,今回はサンプルとして utils という名前にしている. $ tar zxvf utils-1.2.3.tar.gz x utils-1.2.3/ x utils-1.2.3/R…

PHP 5.6 環境では CacheTool v3.2.1 を使うべし

PHP

数年前にも記事を書いた PHP のキャッシュ管理ツール CacheTool を,今日 PHP 5.6 環境にインストールをして実行したら以下のエラーが出てしまった.調べたところ,5月末にリリースされた最新メジャーバージョン CacheTool v4 から PHP 7.x 系だけをサポート…

Fargate 東京リージョンは7月だー! / AWS Summit Tokyo 2018 に参加した

5/30 (水) - 6/01 (金) で AWS Summit Tokyo 2018 に参加してきた.3日間参加したものの,午前中はデイリースクラムなど重要なイベントがあったので,午後に数時間セッションを聞いたり,ブースを見たり,認定者ラウンジで休憩していた.今年はセッション予…

Mac で最高に便利な「3本指のドラッグ」

Mac

Mac を使うときに「3本指のドラッグ」の設定を有効にするのが個人的に必須で,無効になっている他人の Mac だとドラッグすらうまくできないほどに体が慣れてしまっているけど,会社で「3本指のドラッグ」を知らない人が多く,紹介したら喜んでもらえたので,…

Firebase Authentication で「メール認証」と「Google 認証」を実装できる無料コース「Vue.js + Firebase Authentication」を受講した

2週間前に Vue School が公開している無料コース「Vue.js + Firebase Realtime Database」を受講して,まとめ記事を書いたけど,先週に新しく無料コース「Vue.js + Firebase Authentication」が公開されたので,さっそく受講してみた.一番最後に Firebase R…

プロダクションレディなマイクロサービスを実装するための標準化を学べる「プロダクションレディマイクロサービス」を読んだ

オライリーから出版されている「プロダクションレディマイクロサービス」を読んだ.「プロダクションレディ」という秀逸なタイトルに惹かれただけじゃなく,章ごとのテーマも非常に惹かれる内容になっていた.仕事でアーキテクチャを考えたり,アーキテクチ…

シェルスクリプトのテストフレームワーク Bats を試してみた

シェルスクリプトのテストフレームワーク Bats を試してみた. github.com たまにコントリビュートをしている Amazon ECS (Elastic Container Service) のデプロイツール ecs-deploy のテストコードで Bats が使われているので,少し書いたことがあり,もっ…

最新バージョン Redash v4 に対応した「Redash ハンズオン資料」を作った

正式に Redash v4 がリリースされた Redash v4 とは? 正確に言うと,4月16日に v4.0.0 がリリースされて,5月2日に v4.0.1 がリリースされた.なお v4.0.1 は「アップグレード推奨」となっている.そして Redash v4 で改善/変更されたポイントは Redash …

Vue School の無料コース「Vue.js + Firebase Realtime Database」を受講してチャットアプリケーションを実装した

今まで使う機会がなかった Firebase Realtime Database を学びたかったので(今後は Cloud Firestore 中心になりそうだけど),Vue School が公開している無料コース「Vue.js + Firebase Realtime Database」を受講して,Vue.js と Firebase Realtime Databa…

CircleCI 2.0 + Apex で Lambda をデプロイする

Lambda をデプロイする場合,最近だと Serverless Framework もしくは AWS Serverless Application Model を使う場面が多いけど,他の AWS サービスに依存せず Lambda だけをデプロイしたい場合には Apex も積極的に使っている.要件がシンプルな場合に特に…

Speaker Deck で最高の URL を生成する技術

Speaker Deck の仕様 Speaker Deck に発表資料を公開するとき「タイトルから URL が生成される仕組み」になっている.タイトルが全て英語なら問題はないけど,タイトルに日本語が含まれる場合は「中国語のようなローマ字」になってしまうという裏仕様があり…