kakakakakku blog

Weekly Tech Blog: Keep on Learning!

Powertools

Powertools for AWS Lambda (Python) の Validation で UUID フォーマットをバリデーションする

Powertools for AWS Lambda (Python) の Validation でプロパティの「UUID フォーマット」をチェックする場合は以下のようにスキーマを実装すると良さそう { '$schema': 'http://json-schema.org/draft-07/schema', 'type': 'object', 'required': ['id'], '…

LocalStack を使って CloudWatch Logs サブスクリプションフィルタをローカル環境で試す

Amazon CloudWatch Logs サブスクリプションフィルタを使ってログを AWS Lambda に流す構成を AWS アカウントにデプロイする前に LocalStack にデプロイして確認してみた❗ docs.aws.amazon.com LocalStack は Amazon CloudWatch Logs サブスクリプションフィ…

Amazon API Gateway の Lambda オーソライザーで "User is not authorized to access this resource" と出たら

Amazon API Gateway の Lambda オーソライザー(旧カスタムオーソライザー)を使ってアクセス制御をするときに,Authorization ヘッダーは正しいはずなのに {"Message":"User is not authorized to access this resource"} というエラーが出てしまう場合,La…

JSON Schema で簡単にバリデーションを実装できる Powertools for AWS Lambda (Python) の Validation

Powertools for AWS Lambda (Python) の「Validation」を使うと AWS Lambda 関数に渡されたイベント情報のバリデーションを JSON Schema に沿って実現できる.例えば,必須パラメータ・文字数制限・ENUM・正規表現などをチェックできる Powertools for AWS L…

Lambda オーソライザーのポリシーを簡単に出力できる Powertools for AWS Lambda (Python) の APIGatewayAuthorizerResponse

Amazon API Gateway の Lambda オーソライザー(旧カスタムオーソライザー)を使ってアクセス制御をするときに Lambda オーソライザーの仕様に沿ったポリシーを出力する必要がある詳しくは以下のドキュメントに載っている. docs.aws.amazon.com 今まではド…