「JAWS-UG 朝会 #5」で Slack のスラッシュコマンドを実装した

毎月楽しみにしている 「JAWS-UG 朝会」に参加してきた.今回で3回目!

jawsug-asa.connpass.com

テーマ

今回のテーマは Slack のスラッシュコマンド(独自に拡張できる /xxx コマンド)をサーバレスアーキテクチャ(API Gateway + Lambda)で構築するというテーマだった.実際には Lambda の BluePrint "slack-echo-command" を CLI で構築した.特に API Gateway の CLI 操作は叩くエンドポイントが多くて複雑だなー!簡単に図にすると以下のような感じ.

f:id:kakku22:20160830175952p:plain

今回は Slack で "/sayhello xxx" と入力すると "xxx" の部分が返ってくるという実装だった.少し気になるのは "Only visible to you" なメッセージで返ってきているところで,これだと自分以外には表示されず,チームで使う ChatBot としては機能しないなと思っている.通常のメッセージとして表示するにはどうするんだろう.

f:id:kakku22:20160830220527p:plain

前に似た構成で MarvelBot を作ったときは Outgoing Webhooks を使ったけど "Only visible to you" にならなかったしなぁ.復習も兼ねてもう少し調べてみようかなと思う.

kakakakakku.hatenablog.com

資料

qiita.com

qiita.com

qiita.com

Serverless Framework

自己紹介のときに Serverless Framework のことを簡単に紹介した.CLI も良いけど,継続的なデプロイなどを考えると Serverless Framework などのラッパーライブラリを使う方が開発プロセスに乗せやすいなと思う.裏は CloudFormation だけど,スタックを意識することは無いし,JSON を書く必要もないし,CloudFormation 特有の厳しさはないのかなと.前に入門記事を書いたから載せておく!

kakakakakku.hatenablog.com

次回

既に10月まで公開されている.引き続き参加するぞ!

jawsug-asa.connpass.com

jawsug-asa.connpass.com

過去に参加した JAWS-UG 朝会

kakakakakku.hatenablog.com

kakakakakku.hatenablog.com