kakakakakku blog

Weekly Tech Blog : Keep on Learning 👍

依存パッケージを更新するサービス「Depfu」で package.json の更新をチェックする

Depfu は依存パッケージの更新を定期的にチェックし,更新があった場合にプルリクエストを作成してくれるサービスで,現時点で「Ruby, JavaScript」をサポートしている.導入企業に Cookpad も載っている.今回 Depfu を JavaScript で試した.

depfu.com

Depfu 以外にも依存パッケージの更新を定期的にチェックするサービスはある.

特に Dependabot はサポートしているプログラミング言語が多いという特徴がある.以下に Dependabot + Dockerfile を試した記事がある.

kakakakakku.hatenablog.com

インストール

Depfu は GitHub Marketplace からインストールできる.パブリックリポジトリなら無料で使えるので,すぐに試すことができる.

github.com

今回は数年前に実装した個人用 Slack Bot (Hubot) のリポジトリに Depfu を適用した.全プルリクエスト(計8個)を merge して,Slack Bot をデプロイしたら問題なく使えた!Slack Bot は Heroku で動かしていて,久し振りに Heroku を使った.

github.com

リポジトリ設定

Depfu では,リポジトリごとに詳細な設定ができる.

  • Update Strategy(アップデート戦略)
    • Individual Updates
    • Security Updates Only
    • Paused
  • Limit of open pull requests from Depfu(プルリクエスト上限数)
  • Customize the pull requests Depfu creates
    • Commit message(コミットメッセージ)
    • Which labels should we use for the PRs?(プルリクエストラベル)
    • Should we assign anyone to the PRs?(プルリクエストアサイン)
  • Environment Variables(環境変数)

f:id:kakku22:20181109112645p:plain

Up-to-date Dependencies

ライブラリごとに Requirement version と Latest version を確認できる管理画面がある.ライブラリによっては GitHub URL と Changelogs URL も載っていて,非常に使いやすく実装されている.

f:id:kakku22:20181109112658p:plain

プルリクエスト

Depfu のプルリクエストは詳細に書かれていて,ライブラリのバージョン比較だけではなく,実際にどのような差分(コミット)があるのかを確認することもできる.

github.com

また Depfu は ChatOps に対応していて,以下のようなコメントでメンションをすると,トリガーすることができる.今回は @​depfu rebase@​depfu merge を使った.

  • @​depfu rebase
  • @​depfu merge
  • @​depfu reopen
  • @​depfu pause
  • @​depfu pause [minor|major]
  • @​depfu resume

f:id:kakku22:20181109112730p:plain

Depfu バッジ

Depfu では GitHub の README.md などに貼るバッジも用意されている.

Depfu

Depfu

Depfu

まとめ

  • 依存パッケージの更新を定期的にチェックしてくれる Depfu は便利
  • 現時点では Ruby と JavaScript をサポートしている
  • Depfu はどう発音するんだろう?
    • 試しに say をしたら「デェプフ」のように聞こえた!
$ say -v Alex Depfu

関連記事

今回題材にした Slack Bot を実装した2016年に書いた記事は以下にある.今どき CoffeeScript は書かないよなぁー.

kakakakakku.hatenablog.com