読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Qiita:Team を導入して2週間たったので KPT をしてみた

QiitaTeam

Qiita:Team 最高!!!

ということで,前回のエントリーでは,プロダクトに Qiita:Team を提案・導入して,1週間使ってみました的な話を書いたけど,それからさらに1週間たったので,Qiita:Team KPT を企画してやってみた.

Qiita:Team KPT

KPT で挙がった項目をザックリとまとめて紹介しまーす.

Keep

全体的に Qiita:Team を導入したことで,コラボレーションが活性化していて,非常に良いという声が多かった.提案してホント良かった!

  • 業務的な暗黙知が共有されてきた
  • 自己紹介や日報が面白くて会話が生まれる
  • イデアを書くハードルが低い
  • レスポンスが早くなった

Problem

やっぱり,一部のメンバーが投稿しまくってて,他のメンバーは READ ONLY みたいな状況ではあるので,そこをどう KAIZEN していくかっていうところがポイントな気がしてる.

  • ダッシュボード的な画面が欲しい
  • どうしても投稿が流れる傾向にある
  • 使ってる人と使ってない人の差が激しい
  • 画像以外も添付したい
  • 更新時にも ChatWork に通知したい(あくまで能動的に投稿を選ぶ前提で)
  • 投稿を階層的に探したい場合がある
  • 投稿を PDF 出力したい
  • Kobito からでもテンプレートを使いたい

Try

一部の Problem に対してアクションしてみようと思ってます.

  • どうしても投稿が流れる傾向にある
    • 気になった投稿はすぐストックする
    • プロジェクト機能を使いこなして情報をまとめる
    • メンションして見て欲しいサインを送る
  • 使ってる人と使ってない人の差が激しい
    • Qiita:Team Week という内部イベントを企画して,全メンバーに何でも良いので投稿してもらう

工夫して使ってるところ

スライドを埋め込んでみた

画像以外を添付できないという Problem が挙がったけど,Qiita:Team は tag や js を書けるという自由度があるので,Google Slide と SlideShare のプレゼン資料を iframe として埋め込んでみた.これは結構便利で,Qiita:Team 上でスライドを読めるので,内部の勉強会資料とかを載せたりできる.

Alfred から検索してみた

Alfred に登録して Qiita:Team を直接検索できるので便利.

投稿をオシャレにする

Bootstrap のタグが使えるみたいだったので,例えばこんなの書いて,オシャレにしてみた.

<div class="alert alert-success">Hello, Qiita:Team!!!</div>

まとめ

引き続き,プロダクトのコラボレーション最大化のためにガンガン使っていきます!次は Qiita:Team Week を企画する!

Qiita:Team API でいろいろ遊べそうなので,近々使ってみようかなー.