kakakakakku blog

Weekly Tech Blog : Keep on Learning 👍

Autify で「JS ステップ」と throw new Error() を組み合わせてアサーションを実装する

Autify のレコーディング時にシナリオに追加する「検証ステップ」は,基本的に「〜を確認する」という「正常確認」のテストになる.例えば「URL を確認する」「対象のテキストを確認する」など.しかし,実際には「特定の条件を満たさなかったらテストをエラーにする」というテストを実装したくなる場面もある.今回は Autify の「JS ステップ機能」throw new Error() を組み合わせた機能を試す.

ブログの「最終更新日」を確認して「n日」経過していたらエラーにする

「JS ステップ機能」throw new Error() を組み合わせるために,今回は題材として「ブログの最終更新日を確認するシナリオ」を作る.指定した「n日」を経過していたらエラーにするため,言い換えると「Autify を使ってアサーションを実装する」ことになる.

1.「シナリオ」を作る

シナリオ「kakakakakku blog 最終更新日 確認」を作る.基本的な操作は今までと重複するため割愛する.

2. レコーディングをする

今までと同じようにレコーディングをする.しかし今回は特にレコーディングするステップはなく,kakakakakku blog にアクセスした後に「JS ステップ機能」を使う.

  1. 「kakakakakku blog」にアクセスする
    • ✅ 最終更新日を検証する : 「n日」経過しているか?

3. JavaScript を実装する

サンプルとして,以下のような JavaScript を実装する.最終更新日を CSS Selectors から取得し,現在時刻と比較して「1日」経過していたらエラーを返す.このときに JavaScript の throw new Error() ステートメントを使うことにより,Autify 側にエラーを通知できる.昨日の記事で試した return ステートメントもそうだけど,JavaScript の基本的なステートメントと連携する Autify の仕組みはスゴイ!

var updated = new Date(document.querySelector('.entry:first-child time').attributes.datetime.value);
var now = new Date();
if ((now - updated) > (1000 * 60 * 60 * 24)) {
    throw new Error('ブログを1日以上更新していません!');
}

最終的に以下のような画面になる.

f:id:kakku22:20200507102833p:plain

4.「シナリオ」を実行する

ブログを更新した直後と1日経過後にシナリオを実行する.

⭕️ 正常終了する

f:id:kakku22:20200507102853p:plain

❌ エラーになる

f:id:kakku22:20200508095846p:plain

Autify FAQs

intercom.help

まとめ

Autify「JS ステップ機能」throw new Error() を組み合わせて「特定の条件を満たさなかったらテストをエラーにする」というシナリオを試した.returnthrow new Error() など,JavaScript の基本的なステートメントと連携する Autify の仕組みはスゴイ!

Autify 紹介記事