読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部門内で Qiita:Team を紹介してきた

QiitaTeam 勉強会

社内の部門内で開発ツールに関する勉強会があって,僕が所属してるプロダクトで Qiita:Team を導入してちょうど1ヶ月たったところだったので,Qiita:Team を紹介してきた.

プレゼン資料

プロダクトの情報だったり,Qiita:Team のキャプチャなどは削除して,公開用に修正したものをアップロードした.

プレゼンの中で繰り返し伝えたのは「コラボレーションの最大化」が重要だということ.

真面目に仕様や手順書ばかりを書くんじゃなくて,遊び心を持ったドキュメントも投稿することで,プロダクト内のコミュニケーションが増えたり,メンバーの内に秘めた思いを知れたりして,チーム力が高まる.そのためには Qiita:Team が必要だ!と.

他にも,Increments 社の開発の速さもメリットだという話もした.

Qiita T-shirt を着てみた

Qiita:Shop

せっかく Qiita:Team の紹介をするなら,Tシャツを着た方が面白いだろうということで,今回のために購入して,ネタを仕込んだ.

最初はパーカーのチャックを閉めてて,途中で「じゃーん!」みたいに前開けたんだけど,正直微妙にスベって,スベった感じの雰囲気が逆にウケたみたいな状況だったwww

参加者から「4500円高っ!」ってツッコミが入って,そこでウケてまじ助かった.

この写真は Qiita:Team の宣伝のために「ステッカーあるので欲しい人に配ります!」と言ってるところ!

f:id:kakku22:20141206140948j:plain

別に Confluence を dis ったわけじゃない件

僕は勉強会のプレゼンでトップバッターだったんだけど,その後に Confluence や JIRA の紹介プレゼンがあって,「先ほど Confluence が dis られてましたが」みたいなフレーズが流行ってて笑いが起きてたwww

まとめ

プレゼン後のアンケートで Qiita:Team を使ってみたいという声が多かったので,発表して良かった.

僕としても,Qiita:Team をより便利に使うためにルールを検討したり,技術的なハックを試したりしてるので,それもまた今度まとめようかと思う.

1番重要なのは「コラボレーションの最大化」だ!!!

過去のエントリー