kakakakakku blog

Weekly Tech Blog : Keep on Learning 👍

各社の Redash 運用 Tips を知れた「Redash Meetup 3.0.0」だった

参加してから1週間たってしまったけど「Redash Meetup 3.0.0」のレポートを書く.Redash Meetup のコミュニティ立ち上げを手伝わせてもらったのが去年12月で,早くも6回目のイベント開催を実現できているし,参加者もどんどん増えているし,ああ,大きくなったなぁーとしみじみ感じていた.

redash-meetup.connpass.com

受付

今回も受付を担当させてもらった.コミュニティ運営者なら事前に見込んでいると思うキャンセルだけど,今回もそこそこ多かった.とは言え,過去最大の参加者が集まっていて,Redash の盛り上がりを感じることができた.

  • 一般参加枠 : 60
    • 参加 : 58
    • キャンセル : 40
  • イベント関係者枠 : 8
    • 参加 : 8

Redash の API 活用事例

  • Redash API で様々な操作ができる
    • クエリ情報取得
    • クエリ結果取得
    • などなど
  • エンドポイントの一覧は redash/handlers/api.py を見る
  • クエリの差分管理を GitHub で行う

Redash API のエンドポイント一覧が載ったドキュメントがなく,結局 redash/handlers/api.py を見るというのは,超あるあるで笑ってしまった.Redash のクエリは変更履歴が残らないため,自動抽出して GitHub に残す仕組みは素晴らしいし,会社的に重要なクエリが壊れるとリスクなので,もっと詳細を聞きたかった.とは言え,基本的には他人のクエリを修正できず,フォークを使うので,少人数だからこそ相互編集ができる権限設定にしてる感じかな?

みんなが Redash を気持ちよく使うやり方を考える

  • 社内でハンズオンを実施した
    • 非エンジニアも含めて,もっと気軽に Redash に触れられる雰囲気を作った
    • 自由に質問できる Slack チャンネルを作った
  • クエリ乱立問題を改善した
    • カテゴリを設定した(大カテゴリ/中カテゴリ)
    • Redash の queries テーブルを使って,クエリ一覧を取得するクエリを作成した

Redash を導入したフェーズから,積極的に運用を回していくフェーズに移行するときに,必ず問題になる「クエリ乱立問題」にどう向き合ったのかという運用 Tips を聞くことができた.ある程度の規模になると,カテゴリなど,命名規則で戦うことになるのは必須で,さらにルールの脱線を見逃さないように誰かしら警察👮になると思う.メタテーブルを活用して「クエリ一覧を取得するクエリ」を作っているあたりは,上手な運用だなと思った.導入フェーズでは,僕の「Redash ハンズオン」を活用して頂いたとのことで,あざます!

Hidden gems in Redash

  • Query Results データソース
    • SQLite の構文で,クエリ結果に対して,クエリが実行できる機能
  • Python Results データソース
  • Url Results データソース
    • Redash Style な JSON を返す API にクエリを実行できる
    • Script Results データソース
    • Querying URLs | Redash

マニアックなデータソースの詳細解説で,使ったことがないものもあり,深みがすごかった.Url Results は知っていたけど,実際に仕事で使う場面がなく,もしあれば聞いてみたい.

Redash 運用に付きまとう課題とその解決方法

  • Pairs 管理画面の代替として,Redash が候補に挙がった
  • クエリ増殖期
    • 命名ルールで整理する(しかし,途中で運用が止まった)
    • BI チームが承認すると [公式] マークを付けられる
    • グラフ線の配色ルールを決めた
  • API 多用期
    • Google SpreadSheet を併用して,可視化を進めた
    • Redash のキューが詰まった
    • できる限り,スケールアップをした
  • Tableau 併用期
    • KPI を深掘るときは Tableau を使っている

会社の規模が大きくなると,運用も大変だし,Tableau を併用したりするんだなーと,聞いていて感じた.クエリに [公式] マークを付けるという運用は超良さそうで,その視点は今までなかった!あとグラフ線の配色ルールも,デフォルトのまま使うことが多かったので,これも目から鱗だった.

Speaker Deck

公開された資料,参加レポートなどを見ていて,Speaker Deck の闇がまだ知られていなさそうなので,2記事を貼っておく.タイトルだけじゃなく,Hatena Blog の Embed も最近はうまく動かないので,知っておくと良いと思う!

kakakakakku.hatenablog.com

kakakakakku.hatenablog.com

Redash ハンズオン

イベント中に 100 Star 🌟 達成!Redash 導入フェーズで是非活用頂けると!

github.com

関連記事

ariarijp.hatenablog.com