kakakakakku blog

Weekly Tech Blog : Keep on Learning 👍

「Redash v10.1.0」で気になった新機能と機能改善

2021年10月に Redash の最新バージョン「Redash v10.0.0」がリリースされた.そして現在は「Redash v10.1.0」まで出ている.また Redash 界隈ではよく知られた「正式リリースまで到達しなかった v9.0.0」という話もあり,実に2年振りの正式リリースとなる.Redash を使っている会社だとでは「v8 → v10」にアップデートする機会が多いと思う.

バージョン リリース日
v9.0.0-beta 2020-06-11 リリース
v10.0.0-beta 2021-06-16 リリース
v10.0.0 2021-10-01 リリース
v10.1.0 2021-11-23 リリース

今回は Change Log を確認しつつ,「個人的に気になった Redash v10.1.0 新機能と機能改善」「計5点」紹介する.全ての変更点は以下に載っている.

github.com

Redash v9.0.0-beta

v9.0.0-beta での新機能は過去にまとめてある.合わせて読んでもらればと!今回の記事は v9.0.0-betav10.1.0 の範囲で紹介する.

kakakakakku.hatenablog.com

目次

  1. 垂直ナビゲーションバーが追加された
  2. データソースが追加された
  3. 水平グラフを作れるようになった
  4. クエリ実行時に取得結果を 1000 件に限定できるようになった
  5. My Dashboards が追加された

1. 垂直ナビゲーションバーが追加された

まず,Redash v10.1.0 になって最初に驚くのはデザインだと思う.特に「垂直ナビゲーションバー(Change Log には "Vertical Navbar" と書かれていた)」が追加されたことで,操作性もデザイン性も良くなったと思う.黒背景のコントラストも好き!

f:id:kakku22:20220127124111p:plain

2. データソースが追加された

Redash はバージョンアップごとにデータソースが増えている.Redash v10.1.0 では「6種類」が追加されて「計61種類」になった.

  • CSV
  • eccenca Corporate Memory (with SPARQL)
  • Excel
  • Firebolt
  • SPARQL Endpoint
  • Trino

特に ExcelCSV は使う機会が多そう👏今までも Google Sheets は使えたけど,今回のアップデートで Excel ファイルと CSV ファイルを直接操作できるようになった.せっかくなので CSV を試してみる.なお,ドキュメントは以下にある.

redash.io

まず,CSV ファイルをネットワーク経由で参照できる場所に置いておく必要がある.例えば Dropbox や Amazon S3 など(公開権限は気を付ける必要あり!).今回は郵便番号データ KEN_ALL.csv を一時的に Amazon S3 に置いて.クエリ構文は url を使うなど,以下のようになる.usecolsnames は Pandas に依存しているため,Pandas のパラメータを使った.

url: 'https://example.com/KEN_ALL.csv'
usecols: [2, 6, 7, 8]
names: ['郵便番号', '都道府県', '市区町村', '町域']

データソースを追加してクエリを実行したら郵便番号を全件取得できた!

f:id:kakku22:20220127124744p:plain

ドキュメントにも書いてある通り,検索をする場合は Query Results データソースを併用する必要がある.今回は CSV データソースのクエリを id: 1 で作ったため query_1 テーブルに対してクエリを実行する.以下のように 15000 を含む郵便番号(渋谷区など)を検索できた!

redash.io

SELECT
  *
FROM
  query_1
WHERE
  郵便番号 LIKE '15000%'

f:id:kakku22:20220127124750p:plain

3. 水平グラフを作れるようになった

今まで作ることができなかった「水平グラフ」に対応した.例えば「左から線が伸びる水平棒グラフ」で,他には線グラフでも使える.UI としては,以下のように Horizontal Chart のチェックボックスが追加された.

f:id:kakku22:20220127125116p:plain

4. クエリ実行時に取得結果を 1000 件に限定できるようになった

クエリ画面に LIMIT 1000 のチェックボックスが追加された.デフォルトで ON になっている.例えば,レコード数の多いテーブルに対して SELECT * FROM xxx のようなクエリを実行してしまった後に気付く🔥ということもよくあるため,抑制になると思う.以下のように ON / OFF を切り替えると,取得できる件数が変わった.

f:id:kakku22:20220127125605p:plain

5. My Dashboards が追加された

もともと My Queries メニューはあったけど,今回新しく My Dashboards メニューが追加された.些細な変更ではあるけど,ダッシュボード所有者には便利そう.

f:id:kakku22:20220127130130p:plain

まとめ

Redash の最新バージョン「Redash v10.1.0」を試しながら「個人的に気になった Redash v10.1.0 新機能と機能改善」「計5点」紹介した.デザイン変更により見た目にもインパクトのある違いがあり,Excel データソースや CSV データソースも便利だった.現在 redash-hands-on「v10 対応」にも着手している.お楽しみに!

github.com

過去の Redash 紹介記事

kakakakakku.hatenablog.com

kakakakakku.hatenablog.com

kakakakakku.hatenablog.com